アクセス地域を選択ください。閲覧速度が速くなります。
  日本から  中国から

日本語  ▼中 文

 

TOP > 上海レンタル事情 知って得するレンタル活用法!

オフィス内レンタルについて

〜これから新しくオフィスを設ける方は是非ご覧ください〜

購入とLレンタルの違い

たとえば、これから新しくオフィスを設けようとする場合、どこから物品を購入すれば良いか悩みます。 よく聞く話で、購入したパソコンのマザーボードやメモリー(内部部品)もしくはOSがニセモノで、それが原因で頻繁に故障したり、購入したコピー機が故障した場合、その購入先に電話してみても、既に居なくなっており連絡が取れない等があります。その他にも、比較的、埃が多い等(利用環境の悪さ)また使用する人も慣れていない場合もあるのか、OA機器の故障はよく耳にいたします。本業に注力したいのに、そんなことで足を引っられることがあります。購入先選定は勿論、それ自体の値段も大事ですが、それ以外のことも配慮して慎重に決めなくてはなりません。

そのような事情もあり【レンタル】で物品を導入するケースが増えてきております。 【レンタル】ですので商品保証責任は、その【レンタル】会社にあります。 故障発生時【レンタル】会社にただ連絡すれば良いのです。 あまりに頻繁に故障が発生するようであれば、商品交換要求や、もしくは【レンタル】契約を解約すれば良いのです。また代金のお支払方法は分割になります。

購入する場合と違い、不要な初期投資も必要無く、ランニングからのお支払ができます。 操業後の会社でも、銀行等の借り入れ枠温存や人民元の内部留保が可能です。 是非、選択肢の一つとして【レンタル】もご検討ください。

一般的なレンタル料金  
デスクトップパソコン 月200元~/36ヶ月契約(一般購入価格6,000元程度)
ノートパソコン 月350元~/36ヶ月契約(一般購入価格10,000元程度)

※商品や契約期間によってレンタル料金は変わります。

ご興味のある方はメールにて
お問い合わせください
  info@eightrent.cn

※レンタルアップのお得なOA機器も多数ございます。
 使用目的によっては経済的なレンタルアップ機器を上手に利用することも可能です。

参考資料:
パソコン(2,000元以上)を導入した場合の【購入】と【レンタル】の比較

※中国税法上では2,000元以上で購入した物品は、固定資産と見做し、定額(5年・残価10%)での減価償却を規定しています。

 

リースとLレンタルの違い

日本では多くの企業がリースを利用しています。一説には日本の企業の94%が利用しているようです。ただ中国では、未だあまり馴染みがありません。 最近になって外資リース会社の進出により沿岸部を中心に徐々に普及してきた程度で、決してメジャーではありません。

中国のリース取引は会計・税法基準においてアメリカ式を採用したとよく言われます。「リース」=借りると商習慣のある日系企業の担当者が、この点で混乱している場合があります。日本での場合、リース取引は賃貸者の一部とみなし、企業側(利用者)はその会社の資産として計上する必要は今のところ有りません。

リース商品イメージ図 ただ中国の場合は客観的に売買と変わらないリース取引(リース期間終了後、所有権が無償もしくは安価に移転されるリース契約等)で導入した物品については、その会社の資産として計上するように会計基準上、義務付けております。 いわゆる企業側(利用者)の「オンバランス」です。

※固定資産(購入金額2,000元以上の動産)の減価償却方法:定額5年(10%残価)
 リースは銀行借り入れ等と同じ「資金調達のための金融手段」と考えます。

そのため日本においてのリースによる物品導入理由である 「固定資産の管理事務コストの省力化」「商品陳腐化リスクに対する、実使用に合わせた弾力的な運営」 等のメリットは中国では「リース」には有りません。

その点【レンタル】取引は単なる賃貸借契約ですので全額経費処理が可能です。
自社固定資産として管理する必要は無く、商品陳腐時期(OA機器なら2~3年が一般的)に対して【レンタル】期間を設定すれば良いのです。

その点が日本と中国のリース・レンタルの違いです。 日本でいうリースは中国での【レンタル】に近く、中国でいうリースは日本での【割賦】取引に近いです。

参考資料:
【リース】と【Lレンタル】の比較

※中国税法上では2,000元以上で購入した物品は、固定資産と見做し、定額(5年・残価10%)での減価償却を規定しています。

<エイトレントの概要>
社  名:上海八蓮総合物品租賃有限公司
創  業:2004年5月(営業開始:2004年11月)
出資企業:外資独資企業

①エイトレント㈱本社:大阪/1963年創業

レンタル業として外資正式認可第一号企業/上海地区日系企業を中心に営業展開レンタルのこと全てお問い合わせください

<主な商品>
取扱商品(500種12,000点)
デジタルコピー機・FAX・プリンター・プロッター・パソコン・サーバー・液晶プロジェクター・テレビ会議システム・シュレッダー・冷蔵庫・液晶テレビ等

お問い合わせ

TEL:+86-21-6328-8883
   FAX:+86-21-6374-7950

  • <担当>
  • メール:info@eightrent.cn
    住 所:上海市寧海東路200号1905室

お客様のご要望に沿った物件を
ご紹介させて頂きます。

不動産物件のご案内

 > 住宅物件をお探しの方
 > オフィス物件をお探しの方
 > 工場物件をお探しの方

不動産物件の検索

住宅物件検索
 > MAP検索
 > 条件別検索
 > キーワード検索
オフィス物件検索
 > MAP検索

上海不動産事情をもっと
知りたい方へ

 > 不動産契約ガイド
  賃貸契約の方
   > 住居探索スケジュール
   > 賃貸契約手順
  売買契約の方
   > 売買契約手順
   > ローン契約手順
 > 上海生活Q&A
 > 上海の病院リスト
 > 上海ネット料金一覧

  • ウェルスター上海
  • 021-6278-5220
  • FAX: 021-6278-9330
  • ウェルスター東京
  • 03-6403-5417
  • FAX:03-5615-4355

 

 

沪ICP备08008876号

メールでのお問い合わせ  info@wellstar.biz

沪ICP备08008876号


TOP